9マス発想マンダラチャートとは?






■最新版 (Ver. 1.1.3) の主な機能

T.編集
データファイルの新規作成、編集、削除。3×3(A型)でのインタフェース。マスの入れ替えもタップしたまま目的の場所へ移動することができます。2階層構造による9×9(B型)を作成することができます。マスに表示しきれないデータも入力保持が可能です。これらのデータは、印刷やExcel出力にも反映されます。Bluetoothキーボードで効率よく編集することもできます。

U.マンダラコミュニケーション
作成したチャートファイルを、メール添付送信機能で他のユーザーへ送ることができます。受け取った方は、メールに添付されたチャートファイルを当アプリで開き使用することができます。これにより、9マスに整理されたアイデアや情報をマンダラチャートでコミュニケーションするだけでなく、テーマや質問をチャートで送り、そのチャートで回答を受け取ることができます。社内のコミュニケーションから、カウンセリング、コンサルティングのツールなど、活用方法は無限に広がります。簡単低コストで強力なツールのレバレッジ効果を得ることができます。

V.印刷
チャートデータは、Air Print 対応のプリンタで印刷することができます。文字数はiPadの画面より多く出力することができます。アプリで表示されている3×3のデータをA4縦型に印刷します。9×9はExcel出力にてご活用下さい。

W.Excel出力
チャートデータは、メール添付機能でExcelファイル形式(xlsx)にて出力することができます。このファイルは、マイクロソフト社のExcelや互換ソフトウェアにてご活用いただけます。フォントやカラーの指定、イメージの追加などExcelなどの機能にて自由に編集していただけます。尚、アプリへの取り込みには対応しておりません。(出力のみ)

X.対応言語
当アプリは、日本語と英語に対応しております。iPadの言語設定が日本語の場合はメニューなど日本語環境にてご利用いただけます。それ以外の言語設定の場合は、英語での表記となります。


Mandalachart for iPhone & iPad は、AppStoreにて "mandalachart" で検索!
マンダラチャート関連書籍、マンダラ手帳は、amazon や開発元の株式会社クローバ経営研究所のショップにてご購入いただけます。
Mandalachart for iPhone & iPad は、マンダラチャートの開発元 株式会社クローバ経営研究所 の監修の元ご提供しております。

Copyright (C) 1999-2017 MK INTERNATIONAL All Rights Reserved.